リボ払い…やめたいけど方法が分からない!やめられない原因と解決方法、注意点とは?

リボ払い…やめたいけど方法が分からない!やめられない原因と解決方法、注意点とは?
リボ払い…やめたいけど方法が分からない!やめられない原因と解決方法、注意点とは?
  • 「リボ払いをやめる方法が知りたい」
  • 「リボ払いの借金はどうしてなくならないの?」

高額な買い物をしても毎月数千円からの金額を支払えばいいリボ払いは、とても便利な支払い方法だと思っている方も多いのではないでしょうか。一方で、リボ払いの支払いがいつまでたっても終わらない、いつまで払い続ければいいのかと不安になっている人も少なからずいます。

そこでこちらの記事ではリボ払いがやめられない原因やその解決方法、リボ払いをやめるときの注意点やポイントなどを詳しく紹介していきます。まずは現在支払っているクレジットカードの明細をよく確認し、どのような解決方法があるのかを探していきましょう。

 

 無料相談

債務整理のお悩み無料で弁護士に相談できます!

当サイトでは債務整理や借金問題に強い弁護士のみを掲載! 無料相談・土日祝日・オンライン面談可能など、あなたの希望に合った弁護士事務所を探せます。まずはお気軽にご相談ください。

リボ払いがいつまでもやめられない原因

リボ払いがいつまでもやめられないのには、いくつかの原因があります。それを知らない限りは正しい解決方法にたどり着きません。

返済額が一定で低額なので利用しやすい

リボ払いは返済額が毎月一定で、低額なので利用しやすいというメリットがあります。しかしそのために、毎月の返済の大部分が手数料の返済に充てられ、いつまでたっても元金が減らないという状態に。それがリボ払いがいつまでたってもやめられない一因となっています。

毎月の最低返済額は、残高に応じて変動しますが、3,000円~5,000円というのが一般的。そしてクレジットカードの返済は、銀行口座から自動的に毎月引き落とされているため、直接的なダメージを感じることは少ないでしょう。貯金が十分にない人でも気軽に利用しやすい一方で、いつまでもやめられないという側面があります。

リボ払い=借金という認識が薄い

リボ払いをやめられない理由の一つに、リボ払いが借金であるという認識が薄いという可能性があります。借金だという認識がないために、どんどんとリボ払いを利用してしまい、気づけば借金地獄にハマっていることも。

リボ払いの手数料は、リボ払いを利用するための「手数料」という意味合いだけでなく、残高に対してかかる「利息」という意味もあります。リボ払いは借金の仕組みと同じだということを認識することが大切。リボ払いの残高が増えるということは、借金が増えることとイコールだと分かれば、むやみにリボ払いを利用しなくなるはずです。

返済している気になりやすい

リボ払いは毎月一定額を支払っているので、返済している気になりやすい点も落とし穴です。下で詳しく説明しますが、リボ払いの手数料は、現在の利用残高に対して年利○%という形でかかります。つまり利用残高が増えるほど、リボ払いの手数料も高くなるということです。

利用残高が増え続ける原因の一つに、「毎月支払っているのだからいつかは完済できるだろう」という考えがあります。返済しているから大丈夫と思わずに、一度利用明細の残高の欄を確認してみましょう。

利用明細の確認をしていない

リボ払いがやめられない原因に、利用明細の確認を怠っていることも挙げられます。リボ払いを使っている意識がない場合でも、いつの間にかリボ払いになっている可能性があるため、必ず毎月の明細を確認するようにしましょう。クレジットカードの利用明細は次のような方法でチェックができます。

  • 毎月送られてくる利用明細
  • Webサイトのマイページ
  • コールセンターへの問い合わせ

また、リボ払いをした記憶がない場合でも、利用明細にこのような記載があるときは、リボ払いになっている可能性が高いです。

  • カード利用額以外に「手数料」の記載がある
  • 支払残高の欄に記載がある
  • 実際に買い物した金額に比べて請求金額が少ない
  • カードを利用していない月も請求がある

「ずいぶん長い間、利用明細を確認していないな…」という方は、すぐにでもチェックして、意図しないリボ払いの手数料を支払い続けることがないように気を付けましょう。

手数料の利率が高い

リボ払いがやめられない大きな原因が、手数料の利率が高いことにあります。リボ払いの手数料は分割払いや他の借金(カードローン・消費者金融)と比較しても高い年利がかかります。こちらは、同じカード会社の分割払いとリボ払いの年利を比較した一覧です。

カードの種類 分割払いの年利 リボ払いの年利
セゾンカード 10.30~12.70% 15%
三井住友カード 12.00~14.75% 15%
エポスカード 15% 15%
楽天カード 12.25~15.00% 15%
ヤフーカード 12.19~14.95% 18%
d(ドコモ)カード 12.00~14.75% 15%

分割払いが年利10~15%であるのに対し、リボ払いは年利15%なのが一般的。100万円のリボ払いを利用したら、手数料が15万円かかるという単純なことでもありません。15%というのは1年あたりの手数料の利率なので、支払いが1年を超えるとその分手数料も高くなることに。

上の例で毎月1万円の支払いでリボ払いを利用した場合、完済するまでにトータルで約63万円もの手数料を支払う必要があります。

追加で買い物をしてしまっている

リボ払いが終わらない理由に、追加で買い物をしてしまっていることもあります。リボ払いはいくら買い物をしても毎月の支払額が変わりません。しかしそれで返済している気になってしまうと、いつの間にか残高が大変なことに。新しい買い物をする場合は、前の買い物分の支払いが終わるまでは控えましょう。

また新しく買い物する場合も、なるべく短期で支払いが終わるように考えてください。2~3回払いの支払いで済むような場合は、分割払いで買い物するのがおすすめ。分割払いなら、通常は2回払いまで手数料がかからないからです。リボ払いを利用するときは、必要最低限の買い物に抑え、分割払いも併用しながら賢く買い物をしていきましょう。

「あとからリボ」は変更不可

「あとからリボ」のようなリボ変更サービスを利用した場合は、リボ払いから他の支払い方法に変更できません。あとからリボは、1回払いやボーナス払いを利用してクレジットカードで買い物しても、後からリボ払いに変更できるサービスのこと。多くのクレジットカードで採用しているサービスです。

口座に引き落としのお金が準備できないときなどはとても便利なサービスに思えますが、一度あとからリボに変更してしまうと、その返済が終わるまでは支払い方法を変更できません。高い買い物をしてリボ払いに変更した場合は、完済するまで続ける必要があります。

リボ残高が残っていると変更できない

あとからリボで利用したときも同じことがいえるのですが、リボ払いの利用残高が残っていると、支払方法を変更することはできません。リボ払いを利用した買い物分は、完済しないと分割払いやボーナス払いに変更できないという訳です。これがリボ払いをやめられない原因の一つになっています。

リボ払いの借金を解決する方法

リボ払いがやめられない原因が分かったところで、リボ払いの借金を解決する方法について詳しく解説していきます。前提として、まずは利用明細を見て今日現在の利用残高や返済状況をチェックすることから始めましょう。

利用残高が把握できたら、次に紹介する解決方法のうち、どの方法が自分に適しているか分かるようになります。

毎月の返済額を増やす

毎月の返済額が少なすぎるような場合は、返済額を増やす手続きをしましょう。多くのクレジットカードのリボ払いでは、毎月の返済額を変更することができます。毎月1万円支払っている場合は2万円へ、2万円の場合は3万円へと返済額を増額できると、トータルの返済期間が短くなり、結果的に支払総額を減らせます。

返済額の増額はカード会社のホームページやスマホアプリ、コールセンターなどから申し込みが可能です。ただしカード会社によっては増額に対応していなかったり、増額のための審査に通る必要があります。

借金の元金が減らなくて困っている方、効率的に元金を減らす方法が知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

「借金の元金が減らない!7つの原因の解決法&種類別の減らし方」

一部を繰り上げ返済する

臨時収入があるなどで金銭的に余裕がある月は、一部を繰り上げ返済することをおすすめします。繰り上げ返済とは毎月の返済とは別に、任意で残高の一部もしくは全額を返済する方法のこと。実際の返済期限よりも短縮でき、利用残高を効率的に減らせます。

毎月の返済額を増額するわけでないので、手元にお金があるときのみ返済でき、自分の意思で返済するため使いすぎを防げます。繰り上げ返済のために貯金をする習慣がつくのもメリットです。電話やホームページなどで繰り上げ返済の方法を確認して、コンビニなどにあるATMから気軽に返済できます。

借金の種類ごとのに短期で返す方法を知りたい場合は、こちらの記事を参考にしましょう。

「借金を短期で返す方法とは?種類別・金額別の返済方法や5つのポイントを紹介」

一括返済する

リボ払いの残高が少ないときは、残金を一括で支払う方法を検討してみては?一括返済後は当然ながらリボ払いの借金がなくなるので、それ以上手数料がかかることもありません。一括返済への変更方法はカード会社によって異なりますが、毎月の返済額の設定を限度額まで引き上げる方法で1回払いに変更できることも。

これ以上リボ払いで返済し続けたくないときや、まとまったお金ができたときは思い切って一括払いを検討してみましょう。

低い利率のローンへの借り換え

あまりおすすめの方法ではありませんが、より低い金利のローンに借り換えるという手もあります。上で説明した通り、リボ払いは年利15%もの高い手数料がかかります。それよりも年利が安いカードローンやフリーローン、おまとめローンなどで新たに借金し、リボ払いの残額を一括で支払うことで、トータルの返済額を減らすという方法です。

ただし新たにローンを申し込む場合に審査があり、審査に落ちると利用できません。また年利の計算をきちんとしないと、逆に高い利息を支払うことになりかねません。リボ払いも他のローンも借金ということに変わりないため、借り換えは慎重に行いましょう。

借金を一本化するための「おまとめローン」について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

「借金一本化で返済が楽になる!おまとめローンの申込みから完済までの不安をすべて解消」

自動リボの場合は解除が可能

自動リボで支払い方法が設定されているときは、支払途中でも変更が可能です。自動リボとは、クレジットカードの支払いがすべてリボ払いになるようにあらかじめ行う設定のこと。申し込み時に自動リボ払いを設定しているケースが多いですが、ポイントキャンペーンに登録する条件が自動リボ払いへの設定だったりすることも。

自動リボ払いは、支払の都度リボ払いに設定する必要がないというメリットもありますが、中には知らないうちに自動リボ払いに設定されてしまっているケースがあるため、必ず利用明細で自動リボ払いになっていないか確認しましょう。

見通しが立たない場合は任意整理

繰り上げ返済や返済額の増額、一括返済が難しい場合は、任意整理を検討しましょう。任意整理とは法律で認められた借金整理方法のひとつで、リボ払いの借金にも使えます。任意整理は他の債務整理と違い、裁判所を通さずに債権者と交渉することで将来利息や遅延損害金をカットできます。

任意整理のメリット・デメリットはこちらです。

メリット デメリット
  • 返済期間を3年~5年に延長できる
  • 過払い金の有無が分かる
  • 整理する対象の債権者を選べる
  • 財産を手元に残せる
  • 手続に手間や時間がかからない
  • 会社や家族に知られる心配が少ない
  • 弁済代行を利用できる
  • 借金がゼロになる訳でない
  • 無職や収入が少なすぎると手続きできない
  • 交渉に応じない債権者がいる
  • ブラックリストに登録される
  • 整理した債権者から再び借金できない

任意整理は自分1人で手続きすることも不可能ではありませんが、債権者と直接交渉しなければならず、交渉が決裂する可能性が高まります。その点法律の専門家である弁護士に手続きを依頼すると、早い時点で督促をストップでき、希望通りの内容で交渉がまとまる可能性が高いでしょう。

周囲の人にバレずに任意整理したい場合は、こちらの記事から対処法を知りましょう。

「任意整理をバレずに手続きしたい方必見!原因と対処法を知って賢く借金を減額」

自動リボの設定解除方法

知らない間に自動リボが設定されていた場合は、なるべく早めに自動リボの設定を解除しましょう。こちらでは自動リボの設定解除方法について順を追って解説していきます。

カード会社のホームページへログイン

まずは自動リボ払いになっているカード会社のホームページやアプリからログインしましょう。カード会社のホームページへ行くと、会員限定の「マイページ」にログインできるアイコンが出てきます。そちらをクリックしてあらかじめ設定したIDやパスワードを入力すると、マイページに入れます。

自動リボに関するページに移動

マイページに入れたら、リボ払いに関するページを見つけてそちらへ移動してください。リボ払いのページには自動リボを解除できる場所も出てきます。そちらのページから自動リボの設定を解除していきます。

もしマイページに自動リボ払いの解除ができる場所がない場合は、電話による変更を採用している可能性が高いです。またカードがリボ払い専用になっている場合も、マイページに出てきません。マイページから解除できないときには原因や他の方法がないか確認してみましょう。

自動リボ解除の手続きを実行

自動リボ払い解除のページから、手続きを実行してください。基本的には「自動リボ払いを解除する」という部分をクリックするか、自動リボ払いのチェックを外せば自動リボ払いを解除できます。いずれの場合も事前に解除しても大丈夫かしっかりと確認しましょう。

解除が完了するまで待つ

ホームページ上で設定を解除しても、実際にカード会社でシステムの変更が終わっていない場合は、リボ払いが適用されてしまう可能性があります。自動リボ払いを解除するときは余裕をもって早めに解除するように心がけましょう。

また、リボ払いで設定した返済に支払残高が残っていると、たとえリボ払い解除の手続きをしても、完済するまでリボ払いが適用されてしまいます。これ以上リボ払いで支払いたくないという方は繰り上げ返済を利用して、一括払いなどで返済することをおすすめします。

リボ払いをやめたいときの注意点・ポイント

リボ払いをやめたい方は、次のような点に注意して手続きを実施しましょう。

一括返済は計画的に

リボ払いをやめて一括返済にするときは、家計と相談しながら計画的に進めるようにしましょう。というのも一括返済をする場合は、元本と支払い日までの手数料を日割りで支払わなければなりません。一括返済する日にちによって返済額が変わってくるため、必ず一括返済する日にちでの残高を確認してください。

一括返済は支払残高を減らせるという大きいなメリットがある一方で、無理にしようとすると家計やそのほかの支払いにしわ寄せがくる可能性があります。一括返済をしたばかりに経済的に苦しくなってしまっては元も子もありません。どんなに早く完済したいと思っていても、生活に無理をきたしてまで一括返済することは避けましょう。

返済シミュレーションを効果的に活用

リボ払いを効率的に返済していくためには、返済シミュレーションを有効活用しましょう。多くのカードローン会社やクレジットカード会社では、会員向けサービスとして無料の返済シミュレーションを利用できるようにしています。

リボ払いの場合は利用期間に基づいて手数料が算出されるため、実際の支払い回数をはじき出すには複雑な計算が必要です。そのような場合に返済シミュレーションを利用すると、いつまでに完済したいのかという日にちから逆算した返済額が明らかに。

利用明細やマイページからリボ払いの残高を確認し、返済シミュレーションに残高と現在の年利、希望の返済回数などを入力して、毎月に支払う必要がある返済額をチェックしてみてください。

キャンペーンを申し込むときは内容をチェック

クレジットカード会社では、ポイントがお得に付与されるようなキャンペーンを実施しています。そのようなキャンペーンに申し込む場合は、必ず内容をよく確認してください。キャンペーンの内容によっては、リボ払いに変更することを条件にキャッシュバックがあったり、ポイントを加算できる可能性も。

またキャンペーンで得たポイントを使うのに条件があったりと、気軽に利用しにくいこともあります。使えないキャンペーンを申し込むくらいなら、そもそもリボ払いを止めて普通に支払った方がお得な場合も。カード会社のキャンペーンを申し込むときは、必ず利用条件などをチェックするようにしましょう。

一括返済の方法はカード会社によって異なる

一括返済はリボ払いの残高をなくす最も有効な手段ですが、一括返済への変更方法はカード会社によって変わってくるので気を付けましょう。例えば三井住友カードではコールセンターや会員向けサイトから手続きをしたのちに銀行振り込みや口座引き落としで処理します。

イオンカードではマイページから「リボ払い増額サービス」を利用する方法と、コールセンターに連絡して銀行振り込みする方法の二種類があります。このようにカード会社によって手続き方法が異なったり、同じカード会社でも複数の手続き方法があったりするので、事前にどんな方法があるか確認するようにしてください。

繰り上げ返済をした月は二重負担になる

繰り上げ返済した月は、毎月の支払いにプラスして繰り上げした分も二重に負担することになります。うかつに繰り上げ返済したばかりに、生活費や光熱費などの資金が足りないという状況にならないよう、月々の返済額と繰り上げ返済予定の金額の合計を把握するのが計画的に返済するポイントです。

繰り上げ返済が可能な単位をチェック

利用しているクレジットカード会社によって、繰り上げ返済が可能な単位が異なる場合があります。ATMから繰り上げ返済する場合は、千円や1万円単位で指定されることがほとんどです。一方で口座引き落としの場合は、1円単位から繰り上げ返済ができる場合も。

繰り上げ返済する場合は、必ずカード会社に返済可能単位を確認したうえで、返済する金額を決めるようにしましょう。

リボ払い専用カードは変更できない

クレジットカードの中には、リボ払い専用のカードもあります。そもそものカードの目的がリボ払いするためなので、リボ払い以外の返済方法に変更することはできません。つまり繰り上げ返済や一括返済したくてもできないため、延々とリボ払いを続けていくしか完済する方法はないという訳です。

間違ってリボ払い専用カードを作ってしまったという場合も想定できるため、カードを新たに作るときは、必ずカードの説明を良く読んで、納得した上で作るようにしましょう。

まとめ

リボ払いがいつまでもやめられない理由には利用明細を確認していない、リボ払いは借金だと思っていない、返済している感覚になりやすいため追加で買い物をしてしまっているなど様々。リボ払いの借金を解決するには、必ず利用残高を確認することから習慣付けましょう。

そのうえで、繰り上げ返済や返済金額の増額、一括返済などで効率的に残高を減らす努力が必要です。それでも見通しが立たないときは、任意整理を検討してみては?債務整理に強い弁護士に相談できれば、自分の状況にあった債務整理方法を提案してくれたり、実際に手続きを代行してもらえます。

リボ払いであっても借金していることに変わりはありません。リボ払いはどうしても必要な物を購入するとき以外はなるべく利用せず、追加で買い物をしないのが早く完済するためのポイント。自動リボ払いになっているときは速やかに解除の手続きをして、漫然と利用し続けないようにしましょう。

債務整理の相談なら専門家にお任せください!

  • 借金で首が回らない
  • 人生を一からやり直したい
  • 自己破産のメリット、デメリットが知りたい
人生はいつからでもやり直せます。弁護士はあなたの味方です。

借金解決の基礎知識カテゴリの最新記事

PAGE TOP