借金返済の一本化ができる銀行は?審査に通らないときの対処法も解説

借金返済の一本化ができる銀行は?審査に通らないときの対処法も解説
借金返済の一本化ができる銀行は?審査に通らないときの対処法も解説
    • 「毎月複数の会社に返済をするのが辛い。少しでも楽にしたい」
    • 「借金の一本化ってよく聞くけど、自分じゃ審査に通らない?」

複数の会社から借金をしている人は、毎月それぞれの会社に返済をしなくてはいけません。支払い期日や返済手段が違うと、お金だけでなく手間もかかるので管理が大変です。

できることなら返済を月一回にまとめたいと考えている方もいるでしょう。銀行や消費者金融では借金を一本化するためのローンを提供していますが、借金を一本化する際の審査の基準、メリット・デメリットはご存知でしょうか。

この記事では借金を一本化できるローンの種類やメリット・デメリット審査に通らないときの対処法について詳しく紹介していきます。

借金の一本化・おまとめローンとは?

借金の一本化とは、金融機関からまとまったお金を借り、そのお金で他の借金を完済することです。

例えばA社から50万円、B社から30万円、C社から30万円借りている人がいる場合、金融機関から残高の合計額にあたる110万円を借り、それぞれの会社の借金を完済します。まとまって借りた1社分の110万円が借金の残高として残るため、それだけを返済していくことになります。

このようにローンを使って借金を一社にまとめることが「一本化」。一本化をしたい方を対象にした「おまとめローン」というローンを展開している金融機関もあります。

借金を一本化することのメリット

借金を一本化するにはローンの申込を行い審査を受けなくてはいけません。しかし借金を一本にまとめることにより、支払の手間が一回になる、負担が軽減されるなど、以下のようなメリットが期待できます。

    • 返済金額や残高の管理がしやすくなる
    • 月々の返済を一回にまとめることができる
    • 利率が低くなり、負担が減る可能性が高い

返済金額や残高の管理がしやすくなる

複数の借金を抱えていると、借金の残高がとれくらいなのか、いつまで返済を続ければよいのか分からなくなりませんか?返済に追われ、毎月決められた金額を期日までに入金することで頭がいっぱいになっている、という方も珍しくないはず。

しかし借金を一つにまとめることで、毎月どれくらいの金額を利息に充てているのか、どれくらい残高が減っているかなどを確認する余裕ができます。家計に占める返済金額の割合もはっきり分かりますので他の出費との兼ね合いもしやすくなります。

月々の返済を一回にまとめることができる

返済している借金の支払い方法や期日が異なると「期日を忘れてしまった」「指定口座の入金を忘れてしまった」というようなミスが起こりがちです。今までに延滞をしたことがないという方でも、危うく返済が間に合わないところだった!という状況に陥ったことがある方は少なくないはずです。

ですが借金を一本化すれば返済も月一回にできます。今まで返済の期日・手段がバラバラだったという方は入金のストレスから解放されます。

利率が低くなり、負担が減る可能性が高い

50万円程度を借りたときの利率は消費者金融の場合18.0%、銀行のカードローンの場合は15.0%に設定されていることが大半。しかし一本化により低い金利に借換ができた場合、利息の負担を軽減できます。

例えば利息18.0%の消費者金融で50万円、銀行のカードローンで50万円借りていた場合、1カ月にかかる利息を簡易的に計算すると以下のようになります。

消費者金融:500,000×年率18.0%÷365日×30=7,397円
銀行カードローン:500,000×年率15.0%÷365日×30=6,164円
合計7,397円+6,164円=13,561円

しかしこの合計100万円分の借金を年利9.8%のローンで一本化ができた場合、一カ月あたりの利息は以下のように。

1,000,000×年率9.8%÷365日×30=8,054円

一カ月あたり5,000円以上も利息が軽減できる計算になります。

借金を一本化することのデメリット

おまとめローンの広告や紹介サイトでは、一本化によるメリットしか述べられていないことが多いです。しかし借金を一本化することには以下のようなデメリットもあるということを知っておいてください。

    • 安定した収入がないと審査に通らない
    • 返済専用のローンとなり出金ができなくなる
    • 過払い金の返還の対象外となる
    • 負担があまり軽減しないこともある

現在借金に苦しんでいる方は「おまとめローンを組むと返済が楽になる」「借金問題が解決する」と考えてしまいがちです。しかしあくまでも残高をそのまま一本化するだけですので借金が減るわけではないということを意識しましょう。

安定した収入がないと審査に通らない

借金を一本化するためには、残高の合計金額を一度に借りなくてはいけません。そのため一本化の条件として「安定した収入があること」が不可欠。

一本化を考えている方の中には「収入がなくなって返済が辛い」ということを理由に借金をまとめようと思っている人もいるかもしれませんが、そのような方は申込の時点で断られます。

銀行や消費者金融が提供している「おまとめローン」は複数の借金がある人だけを対象にしていますので、審査が緩いんじゃないか?と考える方も多いでしょう。

しかし実際に審査が緩いということはありません。残高が高いと返済期間も長くなりますので、金融機関側は顧客がローンを完済できるかどうか、より厳しく見極めないといけないためです。

返済専用のローンとなり出金ができなくなる

一本化を目的としてローンを組む場合、他社の残高を合計した金額を借り、それをコツコツと返済していくことになります。限度額の範囲内で自由に入出金ができる消費者金融やカードローンとは違い追加で出金はできません。

出金ができないことによって借金を確実に減らすことができますので、メリットと捉えることもできるのですが、これからも出金をしたいという方にとってはデメリットだと言えます。

過払い金の返還の対象外となる

過払い金とは、2010年の貸金業法改正の前に、本来であれば支払い義務がなかったにも関わらず、消費者金融に余分に支払っていたお金のことです。弁護士や司法書士の広告で「払い過ぎた利息が戻ってくる可能性があります」という文言を聞いたことがある方も多いでしょう。

過払い金がある状態で利息の再計算をすると払い過ぎていた利息を算出できます。それを残高に充当することで借金を大幅に減らせます。これを「引き直し計算」と呼び、任意整理の際には必ず行なわれている手続きです。

しかし過払い金がある状態でおまとめローンを組んだ場合、この引き直し計算ができなくなります。完済後でも過払い金返還請求は可能ですが完済してから10年が経過すると過払い金請求はできなくなります。すでにおまとめローンを組んでいて年数が経っている場合は要注意。

負担があまり軽減しないこともある

借金を一本化すれば返済は月一回になり、払う利息も減ります。しかし借金が楽になると考えることは大きな間違いです。おまとめローンを組んでも負担が減らず、長い期間借金に苦しめられている人も実際にいます。

その原因としては主に以下の3つ。

    • 審査の結果、安い利率でローンが組めなかった
    • 返済期間が長くなった
    • 完済したローンで新たな借入をしてしまった

一本化に利用できる銀行のローンの金利ははっきりと決められておらず、審査によって決定するものが多いです。金融機関にとっての金利は、延滞や貸倒に備える保険料のようなもの。延滞のリスクが低ければ低いほど利息は低くなりますが、審査によっては一本化前の借金と金利が変わらないことも。

例えば他の銀行より先駆けて「おまとめローン」を展開している東京スター銀行の場合、おまとめローンの金利は9.8%、12.5%、14.6%のいずれか。消費者金融からの借換であれば確実に利息は減りますが、銀行のカードローンから借換を希望している場合は要注意です。

一本化に伴って返済計画を見直した結果返済期間が長くなり、完済までに支払う利息が逆に増えてしまったという事例もあります。返済計画を立てる際には気をつけましょう。

また一本化をした際には他のローンを全て完済することになりますが、そのローンを解約せず、困ったときについつい借金をしてしまう人もいます。一本化をした後は借金が減ったという気持ちに陥りやすいのでなおさらです。一本化をするのであればもう借金を増やさないという強い意志が必要です。

借金返済を一本化できるローン

実際にどのようなローンで借金を一本化できるのか、具体的なローン商品を挙げて紹介していきます。限度額や金利、申込条件についても記載しています。
※2021年11月現在の情報です。金利などはホームページでご確認ください。

用途自由のフリーローン

銀行には好きな使い道に利用できる「フリーローン」があり、その中には一本化に利用できるものがあります。銀行によっては借換への利用を禁止している場合もありますが、この項目では一本化に使えるローンだけを紹介しています。

銀行名 商品名 限度額 年率 収入の条件
三井住友銀行 フリーローン 300万円 5.975% 前年度年収が200万円以上
みずほ銀行 多目的ローン 300万円 6.6% 前年度年収が200万円以上
りそな銀行 フリーローン 500万円 6.0%~14.0% 安定継続した収入がある方

銀行や消費者金融のおまとめローン

「おまとめローン」「借換ローン」というような名称で、一本化をしたい方向けに提供されているローンを紹介します。金利は審査によって決定しますので元より高い金利になる可能性も。

銀行名 商品名 限度額 年率 収入の条件
東京スター銀行 おまとめローン 1000万円 9.8%・12.5%・14.6% 年収200万円以上の方
アイフル おまとめMAX 800万円 3.0%~17.5% 定期的な収入がある方
プロミス おまとめローン 300万円 6.3%~17.8% 本人に安定した収入のある方

※プロミスのおまとめローンは銀行のカードローンの一本化はできず、クレジットカード・消費者金融のみが対象です。

銀行カードローン

銀行のカードローンは用途自由ですので一本化にも利用ができます。利用限度額に空きがあれば追加で借金ができるため、出金をしたいという方には向いている形式です。しかし残高が減りにくく、完済までに年月が長くかかることがデメリットになります。審査によっては一本化に必要な金額を借りられないことも。

銀行名 商品名 限度額 年率 収入の条件
三菱UFJ銀行 バンクイック 500万円 1.8%~14.6% 安定した収入がある方
みずほ銀行 カードローン 800万円 2.0%~14.0% 安定かつ継続した収入の見込める方
三井住友銀行 カードローン 800万円 1.5%~14.5% 安定した収入がある方

一本化ローンの審査に通らないときの対処法

一本化ローンを検討する人の中には、収入減などが理由で今まで通りの借金返済が辛くなり、藁にもすがる気持ちで一本化を申し込んでいる方も少なくありません。しかし先に解説をしたとおり一本化のための審査は厳しめに行われているのが現状。

「審査のゆるい会社があるはず」と考え、やみくもに色々な会社に申込を行うとかえって逆効果です。契約情報を共有している個人信用情報機関では「ローンの申込をした」という記録が一定期間残り短期間のうちに多く申込をしていると審査に通らなくなるためです。

どうしてもローンで一本化をしたいのであれば、最低でも半年、できれば1年以上経過してから再度申込をしてください。

審査に通るには安定した収入が不可欠

先ほどの項目で一本化ができるローンについて紹介しましたが、どのローンも申込条件として「安定した収入があること」を挙げていました。例えば勤務先の都合などで勤務時間が減り、給与が少なくなっている場合は収入が安定していないことを理由に申込を断られます。

そして一本化に限らずローンに申し込むときには、年収、勤務先の社名、勤続年数などの情報を申告することが大半でしょう。おまとめローンは大きなお金を一度に貸しますので金融機関側もより慎重になります。

そもそも収入がない、もしくは不安定で一本化ローンに申込ができない場合は債務整理を視野に入れることをおすすめします。複数の会社から借金をしている状態は「多重債務」と呼ばれ、そのまま放置していると借金問題が悪化する恐れがあります。

弁護士に相談し債務整理を依頼

債務整理とは「一本化」とは異なり借金そのものを減額・もしくは免除する手続きを指します。弁護士事務所の無料相談を利用して借金問題について相談をすることで、自分にあった債務整理方法を提案してもらえます。

    • 任意整理
    • 民事再生
    • 自己破産

任意整理

弁護士や司法書士を通して金融機関に交渉し、借金を減額してもらう手続きのこと。利息分がカットでき返済計画を組みなおせますので、返済の負担が軽減できます。

減額手続きは金融機関ごとに行いますので、住宅ローンを除外したり返済が辛いローンだけに絞って手続きしたりできます。

任意整理と債務整理の違いは何?メリット・デメリット、任意整理に向いてる人を解説

民事再生

民事再生法に基づき裁判所に返済ができないことを認めてもらい、借金を大きく減額してもらう手続きのこと。個人が行う民事再生は「個人再生」と呼ばれています。

最低弁済額(減額後に支払わければいけない金額)は以下のように決まっています。

借金総額 最低弁済額
100万円未満 全額
100万円~500万円未満 総額の5分の1
500万円~1500万円未満 100万円
1500万円~3000万円未満 300万円
3000万円~5000万円未満 総額の10分の1

上記の表からも分かるとおり、任意整理と異なり大きく借金を減額できます。収入がないと手続きができないこと、日数や費用がかかることに要注意。

個人再生のメリット・デメリットを徹底分析!注意点・利用条件・他の債務整理との違いは?

自己破産

自己破産とは、破産法に基づいて裁判所に借金が返済できないことを認めてもらい一部を除いた財産と引き換えに借金を全て免除(免責)してもらう手続きのこと。

金額に関係なく借金が全てなくなりますので、債務整理の中では一番効果があり強力な手続きです。しかし官報に掲載される、連帯保証人がいる場合は返済義務が保証人に移るなど、他の債務整理と比べてデメリットも大きいです。

自己破産のデメリットを状況別に解説!誤解や嘘を解決して最適な選択へ

債務整理を行うメリット

債務整理にはどうしてもマイナスなイメージが付きまとうので、なかなか踏み出せないという方が多いです。しかし今借金に困っている方にとって、債務整理にはデメリットを打ち消せるほどのメリットが。

借金の一本化とは違って審査がなく、確実に借金の負担が軽減できます。返済や督促のストレスから解放されますので、金額面だけでなく精神的にも楽になります。それではメリットについてさらに詳しく解説をしていきましょう。

利息が軽減され、支払総額が少なくなる

先に解説したとおり、借金の一本化は必ずしも負担が軽減できるとは限りません。利息が下がらないことがあり、利息が下がっても返済期間が長くなれば支払総額は減額できません。しかし債務整理をすると確実に借金を減らすことができます。

債務整理の中では減額できる金額が少ないと言われる任意整理でも、交渉次第で利息がカットできます。利息は残高がある限り加算され続けるものですので、支払い総額で考えると大きな差が生じることになります。

余裕をもった返済ができる

借金の残高を残して手続きをする任意整理の場合、減額した金額を3年~5年かけて返済していくことになります。

年数だけを聞くと「そんなに早く返せない」と考える方もいるはず。しかし任意整理では利息をカットできるうえ、弁護士が交渉でひと月の返済金額を調整してくれますので無理のない範囲での返済が可能です。

借金が増えなくなり生活を立て直すことができる

債務整理をするとしばらくの間新しい借入・ローンの契約ができなくなります。これは信用情報機関に異動情報が記録される、いわゆるブラックと呼ばれる状態になるため。

債務整理するとブラックリストにのる?気になる「ブラックリスト」についてすべてお答えします!

つまり債務整理をするとしばらくの間借金が増えなくなり、返済だけになるということです。借金を重ねてきた人にとっては、借金をしなくても生活が送れるようになるチャンス。ブラックになったことをきっかけに収支のバランスを見直すことができます。

債務整理を行うデメリット

ここまではメリットについて述べてきましたが、当然債務整理にはデメリットもあります。先ほど述べた「信用情報がブラックになる」というのは有名ですが、それ以外にもデメリットはあります。

債務整理は決して万能ではありません。任意整理はリスクが低いうえ手続きが早く終わるため選択する方が多い手続きですが、借入している日数が短いと手続きをする意味がありません。

また借金の金額が大きいとデメリットの大きい手続きしか行えないケースも。どの手続きができるかに関しては、弁護士事務所が設けている無料相談を利用することで確認できます。

しばらくの間ローンやクレジットカードが使えない

債務整理を行うと金融機関が加盟している信用情報機関に異動情報が一定期間記録されます。記録される年数は最長で以下の通り。

任意整理 個人再生 自己破産
CIC 5年 5年 5年
JICC 5年 5年 5年
KSC 5年※ 10年 10年

※任意整理だけでは登録されませんが、保証債務履行・代位弁済が行われた場合は記録されます。

ここでの期間はあくまでも最長ですので、実際はこれよりも早く記録が消えます。それでも数年はローンが使えないことになるためとても不便です。

借入している日数が短い場合は負担が軽減されない

任意整理の場合、借りた分のお金(元金)は原則としてカットされません。減額の対象は経過利息や遅延損害金、将来利息です。

経過利息
任意整理終了(和解)までに支払った利息のこと
遅延損害金
延滞中に加算された金額。賠償金のようなもの
将来利息
これから課される予定の利息

借りている期間が短い、つまり経過利息が少ない場合、任意整理の恩恵を受けられない可能性が。

借金金額が多いと任意整理では解決しない

上の項目でお話したとおり任意整理では元金のカットができません。借金金額があまりに多い場合は任意整理をしても負担が軽減できず、個人再生や自己破産を選択せざるを得なくなることもあります。

まとめ

借金の一本化を行うと返済を一カ月に一回にまとめることができ、金額的な負担も軽減することができます。しかしおまとめローンを組むには安定した収入が不可欠。収入がない、もしくは不安定な方は申込ができません。銀行によっては年収に条件を設けていることもあり、審査が緩いとは言えません。

また今の段階で借金の返済に追われて辛いと感じている場合、一本化をしても負担が軽減できない可能性が高いです。一本化は残高をまとめるだけであり、借金の返済が軽くなるわけではないためです。

他のローンを返すことで「借金が減った」と勘違いし、かえって借金を増やしてしまう事例も。おまとめローンの審査に通らない人、また現段階で返済が苦しい人は、債務整理も視野に入れてみてください。

債務整理の相談なら専門家にお任せください!

  • 借金で首が回らない
  • 人生を一からやり直したい
  • 自己破産のメリット、デメリットが知りたい
人生はいつからでもやり直せます。弁護士はあなたの味方です。

任意整理カテゴリの最新記事

PAGE TOP